人気ブログランキング |

「TH69の亜米利株」ユーザー様へのお願い

TH69です。

「TH69の亜米利株Ver.7.3」バージョンアップに伴い、VBAコード簡略化のため「旧バージョンのデータ移行マクロ」を現行バージョン(Ver.6.5)以降のみ対応とすることにしました。

「TH69の亜米利株」ご利用中のユーザー様の中で、Ver.6.5以前のバージョンをご利用中の方はメールにてご連絡ください。ファイル名変更などでバージョンが分からない場合は、「更新履歴シート」の最終行がバージョンNo.になっておりますので、ご確認をお願いします。

何かご不明な点がございましたら、コメントやメールなどでご連絡お願いします。

では。(=^_^=)



# by th1252 | 2019-03-03 15:40 | TH69の亜米利株の情報 | Trackback | Comments(0)

「TH69の亜米利株」Ver.7.3の現況報告です

TH69の亜米利株」に「資産推移」シートを追加し、非公開のVer.7.3として検証中です。ユーザーのサリーサ様にご協力頂いて改良したVer.7.3をベクターに公開申請することにしました。

e0382354_15130931.gif

Ver.7.3までの主な変更・改良点は上の画像の通りです。
公開時には、またこちらでお知らせいたします。

では。(=^_^=)



# by th1252 | 2019-03-03 15:18 | TH69の亜米利株の情報 | Trackback | Comments(0)

「TH69の亜米利株」Ver.7.2の現況報告です

TH69の亜米利株」に「資産推移」シートを追加し、非公開のVer.7.2として検証中です。

今回は資産推移の中での「最高(評価)損益」と「最低(評価)損益」を簡単に知りたいと思ったため、それを検索して表示する行を追加しました。下の画像は私が行っている嫁ハンの口座の投資状況で、ひどい運用成績で恥ずかしいのですが最近やっとプラ転してきたので参考のため公開します。(私の口座はまだまだマイナス領域です)

e0382354_15503243.gif

画像の上3行が今回追加した「最高(評価)損益」と「最低(評価)損益」の表示部分です。その下の5行目から13行目までが指定の「基準日」(基本は最新更新日ですが変更も可能です)と「直近更新日」「1週間前」「1ヶ月前」「年初来」「1年前」「記録開始時」のデータを比較した差を表示する部分となります。以前の値と比べて最新更新日の値が大きければその差をプラス表示、少なければその差をマイナス表示します。実はこの表示方法が分かりやすいのかどうかが一番の心配点で、表示についての基本的な考え方や数式についてもあまり自信がありません。

例えば「年初来」と比較して「損益」はプラス$4132.04、「損益率」はプラス12.63%となります。

もしこのバージョンを検証して頂けるならお送りしますので、メールでご連絡お願いいたします。
では。(=^_^=)



# by th1252 | 2019-02-03 16:43 | TH69の亜米利株の情報 | Trackback | Comments(0)

「TH69の亜米利株」Ver.7.1の現況報告です

TH69です。

TH69の亜米利株」に「資産推移」シートを追加し、Ver.7.1として検証中です。

e0382354_15175962.gif

「基準日(C2セル)」と12行目以降のデータ記録欄は「保有株管理シート」更新時に自動更新及び追記します。なお、「基準日(C2セル)」は手打ち変更も可能で、最新記録日以外と過去のデータの比較も可能です。

検索日付の「直近更新日」は「基準日」の前日、あとは文字通りの日付、「年初来」はいわゆる「YTD(Year to date)」となります。空白のA8セルは手打ち検索欄で、自分の好きな日付を入力できます。

検索日の値の取得には「Vlookup」関数を利用していますが、このシートの表は確実に昇順固定ですので第4引数(検索の型)をTRUE(近似値検索)としています。よって検索日付と一致する日付が見つからない場合は、近似値である「日付データの直近の日付」が検索されて値が表示されます。

転職したりして忙しく時間もありませんが、こんな感じで進めていますので何かありましたらコメントなどでご連絡願います。

では。(=^_^=)



# by th1252 | 2019-01-20 15:54 | TH69の亜米利株の情報 | Trackback | Comments(2)

VBAコードを自動インデントしてくれる「Smart Indenter」のダウンロード

TH69です。

今回はExcelVBAネタですので、興味のない方は読み飛ばして下さい。

最近、東芝ダイナブックのノートPC(Win7)の動作不安定さからDELLのノートPC(Win10)に換えたのですが、VBAコードを自動インデントしてくれる超便利なExcelVBAアドイン「Smart Indenter」 のインストールがまだだったのでやろうとしたところ…

無い~!(汗)

いつもDLしたソフトのファイルをバックアップ保存しているフォルダに、目的のファイル「IndenterVBA.exe」が見つかりませんでした。こういうありがたい貴重なソフトは必ずバックアップしているのに、なぜかこのファイルは保存されていませんでした。

仕方ないので本家サイトからDLしようとしたところ…

無い~!(汗)

本家サイトの「Smart Indenter」のリンクがリンク切れになっていました(涙)。

それで色々試行錯誤していたところ、グーグル検索で直接目的ファイルの「IndenterVBA.exe」を検索したらダウンロードできるサイトが見つかりましたので紹介しておきます。


1)Auto-download.comのページ「IndenterVBA.exe」を開き、「Download IndenterVBA.exe (server 1)」をクリックします。

e0382354_12281817.gif


2)開いたページの「Get link」ボタンをクリックします。

e0382354_12281836.gif


3)「input Captcha」の入力欄に、表示されているCaptcha(この場合は74899)を入力し、「Download」ボタンをクリックします。

e0382354_12281995.gif


4)すると「IndenterVBA.exe を開く」ダイアログボックスが開きますので、「ファイルを保存」ボタンをクリックしファイルを保存します。

e0382354_12281954.gif


5)「IndenterVBA.exe」がDLできたら、保存先の「IndenterVBA.exe」を実行すると「Smart Indenter」がインストールされます。

でもインストールはちょっと待ってください!!

お使いのPCがWin7までならOKですが、Win10の場合は「Smart Indenter」が使用できないようです。Win10で「Smart Indenter」を使えるようにする方法は次の記事で紹介します。

ホンマ、ネットはありがたいモンですね。

では。(=^_^=)



# by th1252 | 2019-01-20 12:49 | Excel | Trackback | Comments(0)