NISA口座を初めて開設することにしました

NISA(少額投資非課税制度)というのがあるのは知っていましたが、何かよく分からんし調べるのも邪魔臭いので今まで使うことはありませんでした。それが、ここ(にほんブログ村 米国株)では活用している方が多くそういう情報を見るにつけ、私も遅まきながらNISAについて調べてみることにしました。結果「やっぱりこれはお得やん!」という事になり、昨日NISA口座の開設を申請しました。私はSBI証券、嫁ハンは楽天証券での開設です。
e0382354_22334745.png
今年は今の制度のままだとロールオーバーができる最後の年という事で、今後の10年間を見据えて投資対象を何にするかについて結構悩んでいます。普通に考えるとやはり高配当株かなという気もしますが、せっかくの非課税枠なので成長株投資が当たれば(ムフフ)などとも考えてしまいます。二人で240万円分あるので、じっくり考えてみます。

にほんブログ村 米国株
# by th1252 | 2018-01-09 22:46 | Trackback | Comments(0)

「TH69の亜米利株」最新版Ver.3.5aをベクターに登録申請しました

TH69です。

「TH69の亜米利株」の最新版であるVer.3.5aをベクターに登録申請しました。このブログで「TH69の亜米利株」の使い方について説明する時は、新しいファイルに新たに入力して試してみるため、同じファイルを使い続けている時には気付けなかった不具合によく気付かされます。それだけでもこのブログを続ける価値はあるかと思います。

主な更新内容はバグとかエラーの修正ですが、「旧バージョンのデータを自動で新バージョンに移行するマクロ」が作れたのは収穫でした。

新バージョンがダウンロードできるようになったらこちらにアップしますので、ぜひとも新バージョンをご利用頂けますようお願いいたします。

e0382354_16284437.gif
にほんブログ村 米国株
# by th1252 | 2018-01-08 16:44 | TH69の亜米利株の情報 | Trackback | Comments(0)

「シミュレーション」シートの使い方

TH69の亜米利株」の「シミュレーション」シートは、「必要投資金額計算」シートの銘柄をさらに詳しくシミュレートするためのシートです。株価・数量・円ドルレートの変動によって、必要資金がどれくらい変化するのかをシミュレートします。この程度の差なら今買っておこうとか、今は止めておこうとかの判断材料になるものと思います。

では、「シミュレーション」シートの使い方について説明します。

1)まず「必要投資金額計算」シートを開きます。今回は前回入力したベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)を使用します。ここでお願いなのですが、「必要投資金額計算」シートの上部にあるスプレッド欄には何か数値を入れないとシミュレーションできない事が判明しました。シミュレートする場合はご面倒ですが、必ずスプレッド欄に為替スプレッド(もしくは適当な数値(0.01など))を入力して頂きますようお願いいたします。ここでは楽天証券の「0.25」(25銭)を入力しました。
(次期バージョンでは「空白」や「0(ゼロ)」でも送れるように改良済みです)
e0382354_11243969.gif


2)シミュレートしたいティッカー行のセルをクリックして選択します。「ティッカー」「現単価」「前単価」及び「数量」欄のセルならどれでもOKです。ここではティッカーのVZを選択しました。
e0382354_11244065.gif


3)ティッカー行のセルを選択したら、上部にある「シミュレートする」ボタンをクリックします。
e0382354_11244032.gif


4)すると下の画像のようなダイアログが出ますので、「はい」をクリックします。
e0382354_11244044.gif


5)必要なデータを送り、「シミュレーション」シートが表示されます。
e0382354_11244071.gif


6)では、早速シミュレートしてみましょう。「価格」欄の一番下のセルを選択し「0.5」と入力し($0.5という意味です)、「Enter」キーもしくは「Tab」キーで確定します。
e0382354_11244061.gif


7)すると下の画像のように元の価格「$52.48」に対し、上に$0.5ずつマイナス、下に$0.5ずつプラスされた価格が表示され、その価格による「金額」や「総額」が表示されます。一番右の列には基準値を0とした「基準値との差」が表示されますので、ここで価格が「$0.5」変わる度に総額がどれくらい変化するのかが一目で分かります。
e0382354_11244099.gif


8)「数量」欄でも同様のシミュレートが行えます。ここでは「5(株)」と入力し、「Enter」キーもしくは「Tab」キーで確定します。
e0382354_11264035.gif


9)基準値30株に対し±5株された値が表示されます。「数量」欄に数値を入力すると、自動的に「価格」欄の数値は「0」になります。(「レート」でも同じです)これは複数入力を防止するためのもので、バグや誤動作ではありません。複数欄に入力してのシミュレートはできない仕様です。
e0382354_11264011.gif


10)レート欄も同じです。0.5円の差って、この程度なんですね。
e0382354_11264055.gif


11)また、そもそもの基準の値を変えたい場合は、上部(2行目)の値を直接変更して下さい。ここでは「30」→「50」としてみました。「単価」「レート」も同様です。
e0382354_11264047.gif
上の画像で、$52.48で50株購入すると必要資金は約¥299,000ですが、¢10の差で¥570って案外小さい気がしますね。

「シミュレーション」シートの使い方はこれで終わりです。色々試して活用して下さい。

TH69の亜米利株のダウンロードは→こちら


にほんブログ村 米国株
# by th1252 | 2018-01-08 12:31 | 「シミュレーション」 | Trackback | Comments(0)

「必要投資金額計算」シートの基本的な使い方

TH69の亜米利株」の「必要投資金額計算」シートは私が米国株を購入する時、実際に資金がいくら必要なのかがとても分かり難いと感じたために作成しました。「1株○ドルで、○株購入、円ドルレートが○円で…」と頭の中で考えるより、購入資金が円でどの程度必要なのかが一発で分かればメッチャ楽チンですよね。

では「必要投資金額計算」シートの基本的な使い方について説明します。


1)当然ですが、「必要投資金額計算」シートを選択して開いて下さい。手数料についてはあらかじめ入力してあります(税込み)ので、変更になった場合は(安くなると嬉しいですね)手打ちで変更願います。今は三大ネット証券が全て横並びですので、このままで問題ないと思います。
e0382354_10280050.gif


2)今回はベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)で試してみることにします。ティッカー欄にティッカーシンボルの「VZ」を入力し、「Tab」キーで右のセルへ移動します。
e0382354_10280143.gif


3)すると「取引履歴」シートのティッカー入力時と同じダイアログが表示されます。手入力やコピペなどで「ベライゾン・コミュニケーションズ」と入力し、「OK」ボタンをクリックして「ティッカー一覧」シートに登録します。
(「キャンセル」ボタンで登録を中止し、入力したティッカーを消去します)
e0382354_10280156.gif


4)銘柄名に登録した「ベライゾン・コミュニケーションズ」が表示され、「現単価」のセルに移動しました。「現単価」はネットで自動取得しますので入力は必要ありません。では、上にある「株価情報更新」ボタンをクリックしてみましょう。
e0382354_10280133.gif


5)このようなダイアログが表示されますので、「はい」をクリックします。
e0382354_10280107.gif


6)下の画像のように「レート」と入力したティッカーの「現単価」が表示されれば成功です。(うまく行かない場合は連絡お願いします)「現単価」の隣にある「前単価」は、再度「株価情報更新」ボタンをクリックした時に、今の現単価がそこに表示(移動)します。そして新しく取得した最新の株価が「現単価」欄に表示されます。
ここでは必要ありませんので、「Tab」キーで次の「数量」欄へ移動します。
e0382354_10280140.gif


7)ここに購入したい株数を(適当に)入力します。この時点では必要な投資金額が分からないので、私は適当な数値を入れてから調整しています。ここでは「30」と入れて「Tab」キーで次へ移動します。
e0382354_10291969.gif


8)必要投資金額がドル及び円で表示されました。選択セルは次のティッカー欄へ移動しますので、続けて他の銘柄を入力する場合は上記手順を繰り返して下さい。ここで想定していた投資金額とかなり違う場合は、数量欄の数値を変更して調整して下さい。
e0382354_10291924.gif


9)ちなみにこの画面で購入数を「20」株とすると、手数料(ドル)が最低手数料と同じ$5.40となり、手数料負けしているのが分かります。
e0382354_10291948.gif


10)また上の欄にある「スプレッド」には、ご利用の証券会社の為替スプレッドを入力しておくと、それも計算して表示しますので必要ならばご利用ください。(SBI証券でSBI銀行経由でドルを購入すると、4銭(今なら0銭)なのでメッチャお得ですね)
e0382354_10291999.gif


11)最後におまけの機能のご紹介です。ティッカーを選択して「ティッカーを開く」ボタンをクリックすると、グーグルファイナンス(米国)で当該ティッカーのページを開くことができます。
e0382354_10291944.gif


12)このようなダイアログが表示されますので、「はい」をクリックします。
e0382354_10291928.gif



14)IEでグーグルファイナンスが開いてティッカーのページが表示されれば成功です。このページは、米国市場が開いている時にほぼリアルタイムで株価が更新されますので、私は結構便利に活用しています。
(開かない場合や別のページが表示される場合はご連絡下さい)
e0382354_10291980.gif
以上で今回の説明は終了です。お疲れ様でした。

TH69の亜米利株のダウンロードは→こちら

にほんブログ村 米国株
# by th1252 | 2018-01-07 11:33 | 「必要投資金額計算」 | Trackback | Comments(0)

DなのにAAPLって、グーグルファイナンスのバグかも…

先日のスキャナ(SCG)がドミニオン・エナジー(D)に買収される話題の関連で、ドミニオン・エナジーのことを調べてみようと思い、下の画像のようにグーグルファイナンス(米国)のページに「D」とティッカーを入れてEnterボタンを押すと
e0382354_19552643.gif


「何これ!、何でアップル(AAPL)なん?」という状態でした(汗)。今までこんなことは一度もなかったので焦りました。しかも、「TH69の亜米利株」はグーグルファイナンス(米国)のページを参照して最新株価や配当率を取得しているので、これはまずい(大汗)。
e0382354_19552747.gif


何度か検索を繰り返していると「D」と入れてしばらく待つと、下の画像のように「D」関連のティッカーが表示されることに気付きました。それで「Dominion Energy Inc」の所をクリックすると
e0382354_19552770.gif


検索窓に「NYSE:D」と入って見事にドミニオン・エナジーのページが表示されました。これで一安心ですが、今後のことを考えるとこのままではまずいかもしれません。
e0382354_19552631.gif

とりあえず「TH69の亜米利株」でドミニオン・エナジー(D)のティッカーを登録する時は、
NYSE:Dのようにティッカーの前に「株式市場名の略称」+「:(コロン)」を入れるようにお願いします。今のところ確認できている表示できないティッカーはドミニオン・エナジー(D)だけですので、その他のティッカーは今まで通りティッカーシンボルだけでOKです。

また、ドミニオン・エナジー(D)以外に正しい株価が取得できない事や、ティッカーのページが表示できない事がありましたら、コメントやメールにてご連絡お願いします。

にほんブログ村 米国株
# by th1252 | 2018-01-06 20:25 | Trackback | Comments(0)