人気ブログランキング |

「TH69の亜米利株」Ver.8.0aをベクターに公開申請しました!

TH69です。

TH69の亜米利株」Ver.8.0aを本日ベクターに公開申請しました。
今回はグラフファイル(グラフ.xlsm)同梱版としてのメジャーバージョンアップとなります。
e0382354_12183494.gif


Ver.7.5で追加した個別株推移シートは、基本的に表示不要と考えられるため隠しシート(非表示)としています。編集する場合は「シートタブ上で右クリック>再表示>個別株推移>OK」で表示してください。

Ver.8.0aで通りすがりの人様とサリーサ様のご要望に対応しました。

では、公開までしばらくお待ち願います。



# by th1252 | 2019-08-17 12:38 | TH69の亜米利株の情報 | Trackback | Comments(2)

「TH69の亜米利株」グラフファイルの説明(4)個別株推移シート

TH69です。

今回は個別株推移シートの使い方について説明します。

「個別株推移」シートは「TH69の亜米利株」本体の「個別株推移」シートのデータを利用したグラフで、月次(ドル・円)と年次(ドル・円)があります。各月のデータは「TH69の亜米利株」本体の「個別株推移」シートに記録された当該月の最終記録日の値となります。「TH69の亜米利株」では「損益管理」シート更新時に「個別株推移」シートのデータが更新される仕様ですので、日々の更新をお勧めします。

このグラフは「資産推移」のグラフ化が面白かったため、それを個別株の推移にも応用できないかと思い追加しました。さらに個別株の保有株数と株価の動きも同時にグラフ化し、個別株の投資状況や投資成績が一目で分かるようになりました。

配当再投資の投資方針のはずなのに全然追加投資してないとか、何でここで買わんかったかなとか、自分自身の投資の見直しにも利用できると思います。


「月次個別株推移」シートはデフォルトでティッカー入力欄が未入力のため、何も表示されない状態で開きます。
e0382354_15500099.gif



ティッカー入力セル(A3セル)をクリックして出てきたリストからグラフ化したいティッカーを選択します。
(この場合はPFFを選択しました)
e0382354_15501770.gif


すると上に株数と株価のグラフ、下に投資状況(ドル)のグラフが表示されます。これを見ると色々反省させられるような点が見えてきますね。
e0382354_15510706.gif



他のシートと同様に、下にスクロールすると円貨での表示グラフとなります。円貨で表示する場合にはドル円レートにより評価額が大きく変わりますので、一覧表部分にドル円レート欄を追加しました。
e0382354_16060168.gif


以上、月次個別株推移シートについての説明でした。年次個別株推移シートは同じ使い方ですので、説明は省略させていただきます。


「月次個別株推移」シートは「TH69の亜米利株」本体に追加予定の「個別株推移」シートのデータを利用してグラフ化しています。「TH69の亜米利株」を新たに使い始める方は問題ないのですが、以前からのユーザー様はバージョンアップ後のデータしか記録されないことになります。(私は過去のデータを追記したため上の画像のようにグラフ化できています。)

「個別株推移」シートに過去のデータを追記したいというユーザー様が居られましたら、何らかの対応をしたいと考えておりますのでメールでご連絡お願いいたします。


「TH69の亜米利株」をグラフ解析する「グラフ.xlsm」の使い方についての説明はこれで終わりです。急いで作ったため説明不足な点はあるかと思いますが、ご了承願います。

では。

にほんブログ村 米国株
# by th1252 | 2019-08-16 16:36 | TH69の亜米利株の情報 | Trackback | Comments(0)

「TH69の亜米利株」グラフファイルの説明(3)資産推移シート

TH69です。

今回はグラフファイルの「資産推移」シートについて説明します。

「資産推移」シートは「TH69の亜米利株」本体の「資産推移」シートのデータを利用したグラフで、月次(ドル・円)と年次(ドル・円)があります。

各月のデータは「TH69の亜米利株」本体の「資産推移」シートに記録された当該月の最終記録日の値となります。「TH69の亜米利株」では「保有株管理」シート更新時に「資産推移」シートのデータが更新される仕様ですので、日々の更新をお勧めします。


「月次資産推移」シートを開くとドルでの資産推移グラフが表示されます。損益はプラスだと青棒(黒文字)、マイナスだと赤棒(赤文字)表示となります。資産や損益の動きが一目で分かるようになるため、資産管理など色々活用できると思います。
e0382354_15060258.gif


他のシートと同様に、下にスクロールすると円貨での表示グラフとなります。円貨で表示する場合にはドル円レートにより評価額が大きく変わりますので、一覧表部分にドル円レート欄を追加しました。
e0382354_15060202.gif


以上、月次資産推移シートについての説明でした。年次資産推移シートは同じ使い方ですので、説明は省略させていただきます。

では。



# by th1252 | 2019-08-16 15:28 | TH69の亜米利株の情報 | Trackback | Comments(0)

「TH69の亜米利株」グラフファイルの説明(2)「個別株配当」及び「配当比率」シート

TH69です。

今回はグラフファイルの「個別株配当」シートと「配当比率」シートについて説明します。


まず「個別株配当」シートについて説明します。

このシートはティッカー入力セルにグラフ解析したいティッカーを入力することにより、当該ティッカーの全配当についてグラフ化することができます。ただし同時期の配当でも証券会社や口座が違うと、それぞれ一つの配当として認識しますのでご注意願います。

「個別株配当」シートはデフォルトでティッカー入力欄が未入力のため、何も表示されない状態で開きます。
e0382354_11382816.gif


ティッカー入力セル(A7セル)をクリックして出てきたリストからグラフ化したいティッカーを選択します。
(この場合はPFFを選択しました)
e0382354_11414974.gif


すると当該ティッカーの全配当がグラフ化されて表示されます。このグラフも120配当分(毎月配当で10年分)を用意していますが、証券会社別・口座別の配当がある場合にはそれより短くなります。(もし足りなくなったらご連絡願います)
e0382354_11435412.gif


グラフ上部の計算表には「増配率」も表示しますのでご利用ください(減配は赤で表示します)。PFFでは分かりにくいですが、大減配後に増配中のKMIだと下の画像のようになり、現在は増配中であることがはっきりと表れています。
e0382354_11450375.gif



次に「配当比率」シートについて説明します。
使い方は「TH69の亜米利株」本体の「ポートフォリオ」シートと同じです。

このシートはデフォルトでは何も表示されていない状態で開きますが、グラフファイルを保存した場合には前回保存時の状態で開きますのでご注意願います。
e0382354_11592182.gif



「通常更新」ボタンをクリックすると、左側に総配当実績比率(今までに受け取った全配当のティッカー毎の比率)を、右側に12ヶ月配当実績比率(過去12ヶ月間に受け取った配当のティッカー毎の比率)をそれぞれ円グラフで表示します。
e0382354_11591553.gif


「指定上位」入力セルに指定数値を入力すると、その順位より下のティッカーは「その他」にまとめて表示します。ティッカー数が非常に多くて見にくい場合や上位ティッカーを強調したい場合などにご利用ください。
e0382354_12072001.gif


以上、「個別株配当」「配当比率」シートについての説明でした。

では。



# by th1252 | 2019-08-16 12:21 | TH69の亜米利株の情報 | Trackback | Comments(0)

「TH69の亜米利株」グラフファイルの説明(1)配当推移シート

TH69です。

今回はグラフファイルの「配当推移」シートについて説明します。

「配当推移」シートは月次(ドル・円)と年次(ドル・円)があり、それぞれ全配当についての推移と個別株の推移を表示させることができます。


「TH69の亜米利株」から「グラフ.xlsm」を開くと「月配当推移」シートの全配当推移グラフ(ドル)が表示されます。
e0382354_13385393.gif


グラフは10年120ヶ月分を用意しています。10年後の事はその時考えましょう。
(死んでるかもしれんし、エクセルもどうなってるかわからんし…)
e0382354_15491982.gif


下にスクロールすると円貨での月配当推移グラフとなります。
e0382354_15514625.gif



個別株の月配当推移を表示する場合は「ティッカー選択セル」(A3セル)をクリックし、リストからティッカーを選択します。
(Altキー+↓キーでも同じです)
e0382354_15564453.gif


ティッカーを選択するとそのティッカー(この場合はPFF)の月配当推移が表示されます。下の画像で2018年12月の配当が多いのは12月に2回配当があったため(多分1月分)で、この例のように同じ月の配当は全てまとめて表示されます。
e0382354_15590635.gif



個別株の場合も下にスクロールすると円貨での表示グラフとなります。
e0382354_16042225.gif


「ティッカー選択セル」にティッカーを入力して個別株のグラフを表示後、再び全配当グラフを表示させたい場合は、「ティッカー選択セル」のティッカーをクリアして空白にしてください。

なお、税引き前(現地源泉税・日本の所得税・ADR手数料など)の配当金額で表示させたい場合は、「税金」欄セル(A1セル)で「税込」を選択してください。

グラフファイル「グラフ.xlsm」の保存については、はっきり言ってどちらでも構いません。オフライン的に「グラフ.xlsm」を単独で開いて利用したい場合は保存してください。保存しても再度「TH69の亜米利株」から開くと全て初期化(邪魔臭かったので「配当比率」シートは初期化しません)されます。

以上、月配当推移シートについての説明でした。年配当推移シートは同じ使い方ですので、説明は省略させていただきます。

では。




# by th1252 | 2019-08-15 16:26 | Trackback | Comments(0)